XM ZERO口座を開設するメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
XMzero口座

口座開設ボーナスなどの様々なボーナスがあったり、レバレッジが最大888倍までかけられたりと、メリットが多いことで人気の海外FX業者、XM Trading。(以下XM)

XMでは3種類の口座タイプがあり、口座開設時にどのタイプにするかを選択します。

3つある口座タイプのひとつが「XM Zero口座」というもので、その名の通りスプレッドがほぼ0に近いというのが最大の特徴。

スプレッドが低いぶん、他の機能が制限されているのですが、どのような人がXM Zero口座を使ったほうがよいのでしょうか。

この記事では、XM Zero口座とはどのようなものなのか、またどのような人におすすめなのかを初心者向けにわかりやすく解説していきます。

XMのZero口座のメリット4つ

XM Zero口座には大きく次のようなメリットがあります。

・スプレッドが小さく、儲けを出しやすい
・透明性の高い取引ができる
・自動売買ができる
・追証がなく、入金額以上の負けが発生しない

ひとつづつ見ていきましょう。

①スプレッドが小さく、設けを出しやすい

FXでは、業者によって通貨ごとの売値と買値が決まっており、この売値と買値の差を「スプレッド」と呼びます。

例えばドルの買値が100円で売値が100.5円だった場合、スプレッドは0.5円です。

トレーダーが業者に対して払う手数料のようなものがこのスプレッドで、FX業者はスプレッドで利益を出しています。

そしてスプレッドが小さいほど、トレーダーは利益を出しやすくなるのです。

XMのZero口座とは、XMで提供している口座タイプの中で最もスプレッドが小さい口座のこと。

この口座では最小0.0pips〜からという低スプレッドで取引をすることができます。

※pipsとはFX取引での最小単位のこと。

スプレッドが小さい反面、XM Zero口座では取引手数料が別に設けられています。

②運営方法はNDD方式、発注方法はECN方式を採用。透明性の高い取引ができる

NDD(Non Dealing Desk)方式は、ユーザーとインターバンクとの間にディーラーを介さない方式のこと。

ディーラーが仲介に入ると注文を破棄されてしまうことがありますが、NDD方式であれば注文が確実に通ります。

XMをはじめ、海外FX業者の多くはNDD方式を採用しており、国内のFX業者はディーラーが仲介に入る「DD方式」を取るところが多いです。

DD方式を取っている業者の場合、取引手数料が無料と謳っていてもこっそり手数料を取っている場合があります。

そしてNDD方式の中でも、XMでは発注方式に「ECN(Electronic Communications Network)方式」を採用しています。

この方式では直接インターバンクへ注文が流されるのですが、ディーラーの出した注文の情報や、どの注文とマッチングしたかの情報が全て開示されています。

そのため非常に透明性の高い取引ができるというのがこの方式なのです。

③EAに対応、自動売買が可能

XMでは、世界中で使われているFX取引プラットフォームであるMT4に対応しています。

そしてこのMT4はEA(エキスパートアドバイザー)を使うことができ、自動売買を行うことができるのです。

FXでは売り買いのタイミングを見計らって注文をする必要があるため、チャートをずっと眺めなくてはなりません。

専業トレーダーの人ならともかく、副業としてFXをしている人や主婦はなかなかそうはいかないですよね。

そういった人のために自動売買があります。

EAを稼働させることによって、チャートにべったり張り付かなくても自動で取引をしてくれます。

④追証がなく、入金額以上の負けがない

XM Zero口座では追証なしの「ゼロカットシステム」を採用しています。

追証とは追加保証金のことで、最低証拠金を下回りそうになると追証を現金で入金しなければなりません。

FXではこの追証をマージンコールやロスカット・アラートとも呼ぶこともあります。

最低証拠金を下回ると、強制的に決済されてしまう「強制ロスカット」が発生し、口座のお金がマイナスになってしまうとその分だけ返済しなければならないのです。

しかしXM Zero口座では追証が発生せず、入金額がゼロになったタイミングで終了してくれます。

そのため入金額以上に負けることはなく、安心して取引をすることができます。

XMのZero口座のデメリット2つ

前の章では、XM Zero口座のメリットを解説しました。

しかし、ものごとにはメリットがあればデメリットもあるもの。

そこでこの章では、Zero口座のデメリットを解説していきます。

XM Zero口座のデメリットは次のものです。

・いくつかのボーナスがもらえない
・500倍以上のレバレッジで取引することができない

こちらもひとつづつ見ていきましょう。

①入金ボーナス、ロイヤリティがもらえない

XMのスタンダード口座では口座開設ボーナス、入金ボーナス、ロイヤリティをもらうことができます。

しかしZero口座では口座開設ボーナスしかもらえません。

しかしZero口座では、前の章で開設したようにスプレッドを抑えることができます。

取引が多いトレーダーの場合、ボーナスよりもスプレッドの方が高くついてしまい損をしてしまうこともあるのです。

XM口座開設ボーナス【受取り方+有効活用トレード術】

②500倍以上のレバレッジで取引することができない

FXでは高いレバレッジをかけることによって、1回の取引での利益が大きく上がります。

XMのスタンダード口座では最大888倍までスプレッドをかけることができますが、Zero口座では500倍までしかかけれません。

しかしスプレッドが高いということは、それだけリスクも大きいです。

堅実に利益を出していきたいという人には、高いスプレッドは必要ないかもしれませんね。

XMはレバレッジ888倍の取引きがオススメ

XMのZero口座は取引回数が多い人におすすめ!

前の章では、XM Zero口座のデメリットについて解説しました。

しかし、「メリット・デメリットはわかったけど、どういう人にXMのZero口座はおすすめなのかわからない!」と思う人もいるでしょう。

XMのZero口座はどのような人におすすめなのかを解説していきます。

おすすめできる人を一言でまとめると、「取引回数が多い、短期でのトレードをしたい人」にはXM Zero口座がおすすめできます。

XM Zero口座ではスタンダード口座に比べて、スプレッドが狭いというのが特徴。

スタンダード口座を使うとスプレッドが広いので、取引をすればするほど高い手数料がかかってしまうため1回の取引で多く利益を出さなくてはなりません。

しかしZero口座ではスプレッドが狭く手数料を抑えられるため、多く取引をしてもスタンダード口座よりはおトクでしょう。

またZero口座はもらえるボーナスが少ないというデメリットがありますが、前の章で解説したように取引が多いとスプレッドで食いつぶされてしまう可能性もあります。

それを踏まえても、取引回数が多い人はZero口座がおすすめです。

XMのZero口座はFX初心者から上級者まで使うことができる

この記事では、XM Trading のZero口座がどのようなものなのか、そのメリット・デメリット、どのような人におすすめなのかを解説しました。

追証なしのゼロカットシステムがあるため、初心者でも安心してZero口座を使うことができます。

またスキャルピング(超短期取引)をする上級者にもおすすめできるのがXMのZero口座です。

もちろんデメリットもありますが、この記事で紹介したように取引回数が多い人にとってはそのデメリットはあまり感じられないでしょう。

それに当てはまる人はぜひXMのZero口座を使ってみてはいかがでしょうか。

XM公式サイト⇒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す